Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沖電気、異常トラフィックの検知から対処までサポートする監視システムを開発

沖電気は、企業内ネットワークの異常トラフィックを検知し、適切な対処を行う機能を備えたトラフィック監視システム「Secure Traffic Probe Version1.5」を開発した。発売は7月末を予定している。

同製品は、アプリケーション別トラフィック計測機能、ワームに感染した場合の異常トラフィック検知、およびトラフィック分析やトラブルシューティング時に便利な詳細表示機能などを備えた、トラフィック監視システム。さらに、異常トラフィックを検出した時点での詳細データを自動保存するスナップショット機能と、異常トラフィック検知時の警告メッセージを検索する機能があらたに追加された。

また、セキュリティアプライアンスサーバ「SecApPlat」や情報漏洩対策システム「CWAT」と連携することにより、ワームの感染元や異常トラフィックの送信元となったPCの強制シャットダウン、および通信遮断、ネットワーク閉鎖などの対処を、自動で行うことが可能になった。標準価格は、スタンダードモデルが105万円から。

(Security NEXT - 2005/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出