Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、業務委託先が車上荒らしに遭い個人情報入り端末を紛失

中部電力は、5月20日に焼津市内で顧客の設備調査を委託している中部電気保安協会の職員が車上荒らしに遭い、個人情報が保存されている携帯用端末機を紛失したと発表した。

同社によれば、職員は、同端末をショルダーバックに入れ、車においたまま作業を行っていたが、保存されている個人情報を確認しようとした際、ショルダーバックがなくなっていることに気が付いたという。作業中、車は施錠されていなかった。

携帯用端末機には氏名、電話番号、契約内容、アパート管理人情報など、835件の個人情報が記録されていた。同社では、個人情報は、容易に閲覧できない仕組みになっているとしている。同社では警察へ被害届を提出、顧客に対して訪問し、説明、謝罪を行った。

(Security NEXT - 2005/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミス、ペースメーカー検定受検者のメアドが流出
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
メールサーバ「CyberMailV7」に脆弱性 - 旧製品も影響
MS Dynamics 365 Finance and Operationsに深刻な脆弱性
「Apache HTTP Server」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開