Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、e-文書法に対応した両面カラースキャナを発売

PFUは、「e-文書法」の読み取り条件を満たす電子文書を作成する機能を搭載した、コンパクト両面カラースキャナ「ScanSnap」の新モデル「fi-5110EOX3」を、2005年5月21日より発売する。

同製品は、「e-文書法」に定められた読み取り条件を満たす電子文書を、ワンプッシュで作成することができる「e-スキャン」ボタンを搭載した両面カラースキャナ。同機能により、各府省が主務省令に定めた対象書類を、簡単に電子化することができる。

また、同梱されている「PFU タイムスタンプサービス」の利用権100スタンプと、「PFU タイムスタンプ」を付与するためのツール「PFU タイムスタンプ for Adobe Acrobat」を適用することにより、電子文書の証明力を高めることができる。価格はオープンプライス。同社が運営するオンラインショップ価格は、4万9800円。

(Security NEXT - 2005/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通