Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール「CC」送信で会員企業のメアド流出 - いばらき量子線利活用協議会

いばらき量子線利活用協議会は、会員企業へ送信したメールにおいて送信ミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同協議会によれば、4月19日10時過ぎ、会員企業に対しメールを送信した際、送信先を誤って「CC」に設定したもの。メールアドレス239件が受信者間で閲覧できる状態となった。

20分後に事務局の担当者が誤送信に気づき、対象となる企業にメールで謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。またあらためて、対象となる企業に電話による謝罪と誤送信したメールの削除について依頼したとしている。

(Security NEXT - 2024/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

健診受診者の個人情報をメールに誤添付 - 日光市
教員がサポート詐欺被害、個人情報に攻撃者がアクセス - 熊取町
フランスのグループ会社でランサム被害、詳細を調査 - ダイセル
スマホサポーターの個人情報が流出、閲覧権限設定ミスで - 東京都
大規模ECに対応した運用環境を「EC-CUBE」開発元が提供
「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性