Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Explorerのウェブ表示に脆弱性 - MSが更新プログラムを公開

マイクロソフトは、Windows Explorerのウェブ表示において脆弱性が見つかったとして、更新プログラムを公開した。深刻度は、4段階評価で2番目に高い「重要」となっている。

同脆弱性は、特別な細工をしたファイルが保存された共有フォルダをExplorerで表示すると、コンピュータ内のファイルが読み取られたり削除されるなどの、悪質なプログラムが実行されるというもの。

同社では、Windows Updateから更新プログラムを早急にインストールして対策するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS