Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Explorerのウェブ表示に脆弱性 - MSが更新プログラムを公開

マイクロソフトは、Windows Explorerのウェブ表示において脆弱性が見つかったとして、更新プログラムを公開した。深刻度は、4段階評価で2番目に高い「重要」となっている。

同脆弱性は、特別な細工をしたファイルが保存された共有フォルダをExplorerで表示すると、コンピュータ内のファイルが読み取られたり削除されるなどの、悪質なプログラムが実行されるというもの。

同社では、Windows Updateから更新プログラムを早急にインストールして対策するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ