Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北海道銀行、FAX誤送信により採用試験受験者の個人情報を流出

北海道銀行は、4月1日、同行の採用試験にエントリーしている学生のうち、7名の履歴書と156名の面接予定表を、ファックスで誤送信したと発表した。

同行によれば、人事総務グループから東京事務所宛てに、会社訪問に関する資料をファックスで送信したところ、ファックス番号を間違えて外部企業1社へ誤送信してしまったという。

流出した情報は、受験希望者7名の履歴書に記載されていた学校名、学部名、住所、氏名、電話番号、生年月日などの個人情報。さらに、この7名を含めた計163名分の面接予定表に記載されていた学校名、学部名、氏名となっている。

誤送信された資料については、全て回収済みだという。被害に遭った学生に対しては、すでに謝罪の連絡はしているが、今後本人と面接のうえ、改めて謝罪するとしている。また再発防止策として、行内ファックスの外部漏洩を防止するため、あらたなファックス通信網を5月にも導入する予定だという。

(Security NEXT - 2005/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院
「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加