Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、福岡県西方沖地震で被害を受けたメディアに対し復旧サービスを半額で提供

大塚商会は、福岡県西方沖地震で発生したコンピュータ記憶媒体の被害に対し、データ復旧サービスを半額で提供すると発表した。

同サービスは、米ONTRACKとワイ・イー・データとの技術契約により提供しているサービス。地震をはじめとする災害やウイルス被害、操作ミス等でデータが読み出せなくなった媒体からデータファイルを復旧する。

福岡県西方沖地震によりデータが読み出せなくなった装置や媒体に限り、2005年4月8日までの期間限定で、復旧費用を50%割引する。

対象は、国内外主要メーカーのFD、HDD、光磁気ディスク、バッアクアップ用の記憶メディア。調査後における復旧の可否判定や回収容量、復旧率等の調査報告書やファイルリストを提供する。

(Security NEXT - 2005/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
北朝鮮のトネリングツール「ELECTRICFISH」が明らかに
「SharePoint」脆弱性を狙う攻撃に注意 - 「China Chopper」を展開