Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、福岡県西方沖地震で被害を受けたメディアに対し復旧サービスを半額で提供

大塚商会は、福岡県西方沖地震で発生したコンピュータ記憶媒体の被害に対し、データ復旧サービスを半額で提供すると発表した。

同サービスは、米ONTRACKとワイ・イー・データとの技術契約により提供しているサービス。地震をはじめとする災害やウイルス被害、操作ミス等でデータが読み出せなくなった媒体からデータファイルを復旧する。

福岡県西方沖地震によりデータが読み出せなくなった装置や媒体に限り、2005年4月8日までの期間限定で、復旧費用を50%割引する。

対象は、国内外主要メーカーのFD、HDD、光磁気ディスク、バッアクアップ用の記憶メディア。調査後における復旧の可否判定や回収容量、復旧率等の調査報告書やファイルリストを提供する。

(Security NEXT - 2005/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも