Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本、フレッツユーザー向けのセキュリティサービスを開始

西日本電信電話は、Bフレッツおよびフレッツ・ADSLのユーザーを対象に、インターネットにおけるセキュリティ対策を実現するサービス「フレッツ・セーフティ」の提供を開始した。

同サービスは、フレッツ・セーフティ対応のブロードバンドルータを設置することにより、セキュリティソフトのインストールなしでコンピュータウイルスの検出、駆除や不正アクセス対策を実現するもの。パターンファイルの更新もオンラインで自動的に行われる。また、使用期限の更新も不要。月額利用料は、PC1台で315円。

同サービスの利用にはフレッツ・セーフティ対応機器が必要。機器の月額レンタル料金は、フレッツ・セーフティ対応ブロードバンドルータで399円。IP電話対応機能が付いたものは、630円となっている。なお、4月30日までに同サービスまたは機器のレンタル利用を新規に申し込むと、利用料金またはレンタル料が2カ月間無料になるキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2005/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性26件を修正
SAP、定例パッチを公開 - 深刻な脆弱性へ対処
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
「Sポイント」会員サイトに約1000万回のログイン試行 - ポイント交換も
問い合わせメールを転送ミス、個人情報流出 - 神戸市