Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、社員証に多機能ICカードを導入しセキュリティを強化

大日本印刷は、国内の同社グループ社員約3万5000人を対象に、4月より多機能ICカードを発行すると発表した。同カードは、セキュリティや入退室管理にも用いられ、情報セキュリティ体制を強化に用いられる。

同カードは、1チップで非接触インタフェースによるJavaCardアプリケーションと接触インタフェースによるFeliCaアプリケーションを利用できる「クロスアクセス機能」を実現。ICチップ内部での暗号化やデジタル署名などの本格的なPKIを、接触、非接触いずれのインターフェースでも行うことができる。

同カードは、FeliCaに対応したデュアルインターフェースJavaカード。同社によれば、同仕様のカードを社員証としての導入は、世界初だという。

(Security NEXT - 2005/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

問い合わせメールを転送ミス、個人情報流出 - 神戸市
MS月例パッチが公開、脆弱性120件を修正 - すでに悪用も
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性26件を修正
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 茨城キリスト教大
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出
「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
個人情報含む土地境界確認書を紛失 - 国交省
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工