Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャングル、個人情報の管理をサポートするセキュリティソフトを発売

ジャングルは、IDやパスワード、クレジットカード番号といった個人情報の保護、および管理をサポートするセキュリティソフト「InfoKeeper」を、2005年2月25日より発売する。

同ソフトは、オンライン上で入力する個人情報を高度な暗号化技術により保護し、専用ストレージに一括保管するもの。「スパイウェア・カウンタラクション・システム」や「アンチキーロガー」といった漏洩防止機能を備えており、万一スパイウェアやキーロガーなどの危険なソフトが侵入しても、情報の流出を防ぐことができる。

また、保管した情報をオンラインフォームへ自動入力する機能や、パソコンから離れて一定時間が経過すると、情報を保管しているストレージを自動でロックする機能も備えている。標準価格は8190円。

(Security NEXT - 2005/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート