Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャングル、個人情報の管理をサポートするセキュリティソフトを発売

ジャングルは、IDやパスワード、クレジットカード番号といった個人情報の保護、および管理をサポートするセキュリティソフト「InfoKeeper」を、2005年2月25日より発売する。

同ソフトは、オンライン上で入力する個人情報を高度な暗号化技術により保護し、専用ストレージに一括保管するもの。「スパイウェア・カウンタラクション・システム」や「アンチキーロガー」といった漏洩防止機能を備えており、万一スパイウェアやキーロガーなどの危険なソフトが侵入しても、情報の流出を防ぐことができる。

また、保管した情報をオンラインフォームへ自動入力する機能や、パソコンから離れて一定時間が経過すると、情報を保管しているストレージを自動でロックする機能も備えている。標準価格は8190円。

(Security NEXT - 2005/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中