Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スバル販売店で車上荒らし被害 - 個人情報272件を紛失

富士重工業は、2004年12月27日から28日未明にかけて、福岡県の同社特約販売店である福岡スバルにおいて業務用車両が車上荒らしの被害に遭い、個人情報が記録してあった資料を紛失したと発表した。

業務用車両からオーディオ機器や、個人情報が記録された資料など、盗まれたもの。資料には、氏名、住所、電話番号など272件の個人情報が含まれていたという。

福岡スバルでは、被害直後警察署へ被害届を提出、関係顧客へ詫び状を送付し、事件の経緯を説明している。

(Security NEXT - 2005/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携