Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビートラステッド、フィッシング詐欺の初期対策を支援するソリューションを発表

ビートラステッド・ジャパンは、企業ポリシーに応じたフィッシング詐欺の初期対策を支援するソリューション「PhishDetect」を発表した。

同ソリューションは、4段階の導入ステップにより、企業におけるフィッシング詐欺の初期対策を支援するもの。第1ステップでは、SSLサーバ証明書「SureServer」を提供することで、企業のウェブサイトの実在性を証明する。第2ステップでは、「URLSpoofingDetect」の提供により、アドレスバー偽造の手口で作成された偽サイトを見分ける。

第3ステップでは、ユーザーが受信したメールが、差出人を偽った「なりすまし」メールではないことを確認する手段を提供する。第4ステップでは、USBキーなどの物理的な鍵と電子証明書を組み合わせた二因子認証により、IDやパスワードによる既存の認証手続きを強化する。

(Security NEXT - 2004/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
番組ガイドの配送リストを紛失 - ケーブルテレビ可児
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
「情報セキュリティサービス基準」、2020年度1Qの募集が開始に
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市