Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビートラステッド、フィッシング詐欺の初期対策を支援するソリューションを発表

ビートラステッド・ジャパンは、企業ポリシーに応じたフィッシング詐欺の初期対策を支援するソリューション「PhishDetect」を発表した。

同ソリューションは、4段階の導入ステップにより、企業におけるフィッシング詐欺の初期対策を支援するもの。第1ステップでは、SSLサーバ証明書「SureServer」を提供することで、企業のウェブサイトの実在性を証明する。第2ステップでは、「URLSpoofingDetect」の提供により、アドレスバー偽造の手口で作成された偽サイトを見分ける。

第3ステップでは、ユーザーが受信したメールが、差出人を偽った「なりすまし」メールではないことを確認する手段を提供する。第4ステップでは、USBキーなどの物理的な鍵と電子証明書を組み合わせた二因子認証により、IDやパスワードによる既存の認証手続きを強化する。

(Security NEXT - 2004/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス