Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワーム「Zafi」の新亜種、クリスマスメッセージを装って拡散

警察庁は、メールを介して感染するワームZafiの亜種Zafi.Dについて、注意を促している。

日本エフ・セキュアのウイルス情報によれば、オリジナルのZafi.Aがハンガリー語のみを使用するのに対し、同ワームは英語、イタリア語、スペイン語、ロシア語、スウェーデン語、そのほか数言語を使用する。タイトルおよび本文は、クリスマスを祝うメッセージとなっている。

感染すると、Windowsシステムディレクトリに自身のコピーを作成する。また、Windowsアドレスブックおよびその他のファイルを参照してメールアドレスを収集し、独自のSMTPエンジンにより感染メールを送付する。

同社では、危険度のレベルを2として、注意を呼びかけている。また、シマンテックでは被害状況および感染力を「高」と設定、トレンドマイクロでは危険度を「中」と設定して、同様に注意を促している。

(Security NEXT - 2004/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に