Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府IT戦略本部、国家情報セキュリティセンターの早期設置を発表

内閣官房情報セキュリティ対策推進室内のIT戦略本部は、政府が正式に取り組む施策として「情報セキュリティ問題に取り組む政府の役割・機能の見直しに向けて」をまとめ、公表した。

今回公表された施策は、同本部の情報セキュリティ基本問題委員会が11月16日にまとめた「第1次提言」を受け、政府として正式に取り組む施策として同本部が決定したもの。

「情報セキュリティ政策に関する基本戦略」を策定、推進する体制を整備するため、「情報セキュリティ政策会議(仮称)」の設置を検討。また、情報セキュリティ対策の総合調整機能を強化する体制を整備するため、現在の内閣官房情報セキュリティ対策推進室を発展させた「国家情報セキュリティセンター(仮称)」の早期設置を決定した。

同センターでは、各府省庁が推進する情報セキュリティ政策の総合調整を行い、国全体の情報セキュリティ政策に関する基本戦略案を作成する。また、各府省庁への脆弱性情報の提供や、被害情報の把握および原因分析などを行う。

(Security NEXT - 2004/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す