Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府IT戦略本部、国家情報セキュリティセンターの早期設置を発表

内閣官房情報セキュリティ対策推進室内のIT戦略本部は、政府が正式に取り組む施策として「情報セキュリティ問題に取り組む政府の役割・機能の見直しに向けて」をまとめ、公表した。

今回公表された施策は、同本部の情報セキュリティ基本問題委員会が11月16日にまとめた「第1次提言」を受け、政府として正式に取り組む施策として同本部が決定したもの。

「情報セキュリティ政策に関する基本戦略」を策定、推進する体制を整備するため、「情報セキュリティ政策会議(仮称)」の設置を検討。また、情報セキュリティ対策の総合調整機能を強化する体制を整備するため、現在の内閣官房情報セキュリティ対策推進室を発展させた「国家情報セキュリティセンター(仮称)」の早期設置を決定した。

同センターでは、各府省庁が推進する情報セキュリティ政策の総合調整を行い、国全体の情報セキュリティ政策に関する基本戦略案を作成する。また、各府省庁への脆弱性情報の提供や、被害情報の把握および原因分析などを行う。

(Security NEXT - 2004/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大