Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング詐欺メールの対策連絡会議が来週始動 - 経産省

経済産業省は、クレジットカードの番号を騙し取るフィッシング詐欺メール対策として「フィッシング・メール対策連絡会議」を来週早々設置すると発表した。

中川昭一経済産業相が閣議後の会見で明らかにしたもので、同省、業界団体、電子商取引推進協議会、クレジット金融機関等の関係団体、情報処理推進機構のほか、他省庁と連携し、フィッシング詐欺の防止措置を検討していくとしている。

従来より、各種情報を搾取するフィッシング詐欺メールが発生していたが、先月よりクレジットカード大手VISAカードの「VISA認証サービス」を偽装した日本語のフィッシングメールが大量に出回るなど、より深刻な状況となっている。

(Security NEXT - 2004/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も