Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トランスウエアとセンドメール、メッセージングソリューションで協業

トランスウエアとセンドメールは、メッセージングソリューションにおける協業の第1弾として、「Active! mail」と「Sendmai Advanced Message Server」の統合販売を行う。

トランスウエアが提供する「Active! mail」は、SSL暗号化などのセキュリティ対策が施され、迷惑メール対策機能なども備えたウェブメール製品。さまざまなUNIXサーバに対応し、4カ国語のインターフェースや多言語の同時表示に対応している。

一方、センドメールが提供するのは、数百人から数万人規模のユーザーに対して、信頼性の高いメールサービスとメールボックス管理機能などを提供するメールサーバソフト「Sendmai Advanced Message Server」。

今回の協業により、両製品間の連携による統合運用の実現、検証済みの組み合わせとしての迅速な導入、および両製品の組み合わせによる特別価格での提供が可能になった。両製品の統合ソリューションは、2004年末から提供開始の予定。

(Security NEXT - 2004/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず