Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンシステムソリューションズ、定義ファイルに依存せず脅威を排除するウイルスソフトを発売

キヤノンシステムソリューションズは、ウイルス対策ソフト「NOD32アンチウイルス」の最新バージョンの提供を開始した。パッケージ版は11月12日より発売する。

最新版では、ウイルス定義ファイルに依存せず企業ネットワークやインターネット、一般的なアプリケーションに潜む未知のウイルスやスパイウェアから防御できる。

また、HTTPスキャン機能により、Win32ワームやトロイの木馬などのインターネットにおける脅威から端末を保護する。先進のヒューリスティック技術を用いて実現したという。

既存ユーザーは、自動更新サービスにより、最新版のプログラムを提供する。コンポーネントアップデートとして提供され、更新期間内は無償でサービスを受けることができる。

(Security NEXT - 2004/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIの最新動向を解説した「AI白書2020」 - IPA
受験生に対するメールで送信ミス、メアド流出 - 琉球大
顧客情報含むUSBメモリを一時紛失 - セントラル警備保障
公的機関の新型コロナ注意喚起に見せかけた偽メールに注意
4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
JSSECら、新型コロナ対応で3月開催イベントを自粛