Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フロンティア・ドメイン、専任者不要のネットワーク接続監視ソフトを発売

フロンティア・ドメインは、専任者不要のネットワーク接続監視ソフト「NETMETRIX-NODE Ver1.0」を発売した。同ソフトは、社内ネットワーク接続端末の「フルタイム監視機能」を備えており、24時間365日全自動で社内ネットワーク接続状況を記録する。

カレンダーをクリックするだけで、過去の接続状況を確認できる。トラブルが発生した場合、過去の膨大なログデータを解析することなく、問題発生時の接続状況を分析することができる。

また、近日配布予定の「アラート処方箋」には、トラブルへの対処方法をわかりやすく解説した指南書が添付されているため、ネットワーク管理の初心者でも安心して利用できるという。なお、一般家庭向けのファミリー版のみ、最大5端末までのライセンスを、同社サイトまたは大手ダウンロードサイトにて無償配布する。

(Security NEXT - 2004/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も