Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フロンティア・ドメイン、専任者不要のネットワーク接続監視ソフトを発売

フロンティア・ドメインは、専任者不要のネットワーク接続監視ソフト「NETMETRIX-NODE Ver1.0」を発売した。同ソフトは、社内ネットワーク接続端末の「フルタイム監視機能」を備えており、24時間365日全自動で社内ネットワーク接続状況を記録する。

カレンダーをクリックするだけで、過去の接続状況を確認できる。トラブルが発生した場合、過去の膨大なログデータを解析することなく、問題発生時の接続状況を分析することができる。

また、近日配布予定の「アラート処方箋」には、トラブルへの対処方法をわかりやすく解説した指南書が添付されているため、ネットワーク管理の初心者でも安心して利用できるという。なお、一般家庭向けのファミリー版のみ、最大5端末までのライセンスを、同社サイトまたは大手ダウンロードサイトにて無償配布する。

(Security NEXT - 2004/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携