Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、秘密分散法を適用した情報漏洩防止ソリューションを発売

日立製作所 情報・通信グループは、秘密分散法を適用した情報漏洩防止ソリューション「電子割符データエスクロー」を、10月21日より発売する。

同製品は、データファイル自体を暗号化し保存する従来の方法ではなく、秘密分散法と呼ばれる電子情報を任意に分割、統合する数学的理論を適用した保存方法を採用している。

データファイルだけでなく、システムファイルを除くプログラム、ファイル、データベースを保存したフォルダまでを対象とし、それらをPCのローカルフォルダ、専用USBフラッシュメモリ、およびLAN接続された「電子割符データエスクロー」の管理サーバの3カ所に、物理的に分割して保存する。

復元には2つ以上の割符が必要なため、PCの盗難や専用USBフラッシュメモリの紛失があっても、重要な情報の漏洩を防止することができる。

また、出張時や自宅からでもPCを持ち歩かずに資料を閲覧できる「一時預かり機能」や、特定した個人のみに閲覧を許可する「指名公開機能」なども提供される。価格は、電子割符一時預り機能のみのベーシックシステムで40万円から。

(Security NEXT - 2004/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大