Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、秘密分散法を適用した情報漏洩防止ソリューションを発売

日立製作所 情報・通信グループは、秘密分散法を適用した情報漏洩防止ソリューション「電子割符データエスクロー」を、10月21日より発売する。

同製品は、データファイル自体を暗号化し保存する従来の方法ではなく、秘密分散法と呼ばれる電子情報を任意に分割、統合する数学的理論を適用した保存方法を採用している。

データファイルだけでなく、システムファイルを除くプログラム、ファイル、データベースを保存したフォルダまでを対象とし、それらをPCのローカルフォルダ、専用USBフラッシュメモリ、およびLAN接続された「電子割符データエスクロー」の管理サーバの3カ所に、物理的に分割して保存する。

復元には2つ以上の割符が必要なため、PCの盗難や専用USBフラッシュメモリの紛失があっても、重要な情報の漏洩を防止することができる。

また、出張時や自宅からでもPCを持ち歩かずに資料を閲覧できる「一時預かり機能」や、特定した個人のみに閲覧を許可する「指名公開機能」なども提供される。価格は、電子割符一時預り機能のみのベーシックシステムで40万円から。

(Security NEXT - 2004/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か