Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pの伝播力は意外と弱い? コンテンツ流通の調査結果

ネットアークは、インターネットやP2Pファイル交換ネットワークにおけるコンテンツ流通実態などを調査する「バイラル・チャレンジ!」コンテストを開催、結果を発表した。

同コンテストへは、64名が参加し、インディーズアーティストの楽曲をどの程度広められるか競った。ユニーク視聴者数は4093名。総視聴回数は1万2962回だった。ファイル入手場所は、70%強がウェブサイトからで、P2Pの利用は約3%と低い値となった。

(Security NEXT - 2004/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始