Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

hi-ho、迷惑メール対策を強化

パナソニックネットワークサービシズが運営するhi-hoは、10月18日より、送信元を特定できないメールアドレスからのメール受信を拒否するなど、迷惑メール対策を強化する。

同社ではこれまでも、「大量メール送信制限」や「メールフィルタリングサービス」といった迷惑メール対策を講じてきたが、独自の「hi-ho迷惑メール対策ポリシー」を制定し、これに基づき対策を強化することとなった。

すべての個人向けインターネット接続コースを対象に、送信元メールアドレスが架空ドメイン名であるメール、およびホスト名が確認できないIPアドレスからのメールを、メールサーバにおいて受信拒否する。

また同社では、ユーザーが「迷惑メール」として事前に設定した基準をもとに、届いたメールを自動的に選別、排除するサービス「学習型迷惑メールフィルター」を、2005年2月より提供する予定だとしている。

(Security NEXT - 2004/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
「livedoor ID」に対して大規模な不正ログイン試行
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起