Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

hi-ho、迷惑メール対策を強化

パナソニックネットワークサービシズが運営するhi-hoは、10月18日より、送信元を特定できないメールアドレスからのメール受信を拒否するなど、迷惑メール対策を強化する。

同社ではこれまでも、「大量メール送信制限」や「メールフィルタリングサービス」といった迷惑メール対策を講じてきたが、独自の「hi-ho迷惑メール対策ポリシー」を制定し、これに基づき対策を強化することとなった。

すべての個人向けインターネット接続コースを対象に、送信元メールアドレスが架空ドメイン名であるメール、およびホスト名が確認できないIPアドレスからのメールを、メールサーバにおいて受信拒否する。

また同社では、ユーザーが「迷惑メール」として事前に設定した基準をもとに、届いたメールを自動的に選別、排除するサービス「学習型迷惑メールフィルター」を、2005年2月より提供する予定だとしている。

(Security NEXT - 2004/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた