Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノートPC社外持出に不安が8割強 - 民間調査

ガートナー ジャパンは、ビジネスマンを対象に、ノートPCや記録媒体などモバイル情報機器の社外持ち出しに関する調査を実施した。アンケートは、一般ビジネスマン約1700人を対象にウェブ上で実施したもの。有効回答は693だった。

「持ち出しについてガイドラインがあり、持ち出しを全面禁止している」という回答は3.6%にとどまった。一方、ガイドラインがないとの回答は21.0%に達しており、中には「ガイドラインがあるかさえわからない(6.0%)」との回答もあったという。

回答者の約86.4%がノートPCやUSBメモリなどの盗難や紛失などについて「不安」答えている。ただし、携帯電話紛失に対しては、5割程度とノートPCなどと比較して低い値となった。

(Security NEXT - 2004/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も