Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版ソフト販売で会社員男性を逮捕 - 静岡県警

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、静岡県警は、オークションサイトを介して無許諾で複製した海賊版ソフトを販売していた会社員男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

男性は、2004年4月16日から5月19日までの間、前後4回にわたり「Yahoo!オークション」を介して募った客4人に対して、ビジネスソフトなどを無断複製したCD-R合計12枚を通信販売したという。

また、同オークションで海賊版を販売した相手などに対して、約400タイトルの海賊版リストが掲載された電子メールを送付するなどして、海賊版販売を繰り返していた。2年間に約2000万円を売り上げていたとされている。

リリース
http://www.accsjp.or.jp/news/040805.html

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2004/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC