Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税務署が個人情報を紛失

名古屋東税務署の税務署員が鞄を紛失し、個人情報216人分を紛失していたことが16日に明らかとなった。

同署員が帰宅途中に眠り込んだところ、鞄とともに持ち去られたという。個人情報の持ち出しは禁止されていたが、同署員は個人情報をコンピュータメモリに保存し、携帯していた。紛失した個人情報には、住所、納税額、財産情報など詳細が含まれていた。

(Security NEXT - 2004/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 78.0.3904.108」が公開 - セキュリティ関連で修正5件
高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
ライブイベントの当選メールを誤送信、メアド流出 - 近畿大
国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース