Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税務署が個人情報を紛失

名古屋東税務署の税務署員が鞄を紛失し、個人情報216人分を紛失していたことが16日に明らかとなった。

同署員が帰宅途中に眠り込んだところ、鞄とともに持ち去られたという。個人情報の持ち出しは禁止されていたが、同署員は個人情報をコンピュータメモリに保存し、携帯していた。紛失した個人情報には、住所、納税額、財産情報など詳細が含まれていた。

(Security NEXT - 2004/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
Windows版が影響受ける深刻な脆弱性を解消した「PHP」新版
「Firefox 78.0.2」が公開 - フレーム設定をバイパスできる脆弱性を修正
同報メールで一部メアドを宛先に記載 - 大阪府
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
札幌テレビかたり、個人情報聞き出す電話に注意