Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上場企業の61%にウイルス被害

総務省が行った調査により、東証一部、二部の企業において、ウイルス感染の被害を受けた企業が約60%に上ることが明らかになった。また、過去1年間に3件以上のウイルス(ワーム)被害にあった企業は44.1%となっている。

また、インターネットにおける侵害事案の復旧作業は、3人日以上かかる割合が高く、復旧コストは10万円以上かかるケースが多くなっている。

(Security NEXT - 2004/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」