Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上場企業の61%にウイルス被害

総務省が行った調査により、東証一部、二部の企業において、ウイルス感染の被害を受けた企業が約60%に上ることが明らかになった。また、過去1年間に3件以上のウイルス(ワーム)被害にあった企業は44.1%となっている。

また、インターネットにおける侵害事案の復旧作業は、3人日以上かかる割合が高く、復旧コストは10万円以上かかるケースが多くなっている。

(Security NEXT - 2004/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
「Apache Tomcat」にリモートよりコードを実行されるおそれ
リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
患者情報含むメディアが所在不明に - 昭和大学歯科病院
Google、「Chrome 80.0.3987」で複数脆弱性に対処
NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却