Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費者金融の社員が個人信用情報を不正取得 - 1500件を転売

消費者金融大手シンキの子会社であるアルコは、同社社員が2002年11月から2004年5月にかけ、全国信用情報センター連合会加盟の各信用情報機関の保有する個人信用情報を不正に取得し、転売していたことを明らかにした。

現在、1541 件の流出が確認されており、いずれも氏名や借り入れ状況などが含まれている。同社では2000件程度が漏洩していると推測しているが、一部マスコミの報道では、7000件が売却されていたとの情報もある。

(Security NEXT - 2004/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に
メール誤送信で社会実験参加者のメアド流出
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
なりすましメールに注意呼びかけ - 国分グループ本社
「Chrome 78.0.3904.108」が公開 - セキュリティ関連で修正5件
高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット