Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費者金融の社員が個人信用情報を不正取得 - 1500件を転売

消費者金融大手シンキの子会社であるアルコは、同社社員が2002年11月から2004年5月にかけ、全国信用情報センター連合会加盟の各信用情報機関の保有する個人信用情報を不正に取得し、転売していたことを明らかにした。

現在、1541 件の流出が確認されており、いずれも氏名や借り入れ状況などが含まれている。同社では2000件程度が漏洩していると推測しているが、一部マスコミの報道では、7000件が売却されていたとの情報もある。

(Security NEXT - 2004/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意