Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性関連情報取り扱い説明会を開催

情報処理推進機構(IPA)とJPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC) は、脆弱性関連情報の取り扱いに関する説明会を各地で開催する。

説明会の対象は、インターネット関連技術を用いた製品を開発、販売している企業の品質保証/管理責任者。開催日、開催場所はリリースを参照のこと。

ソフトウエアやハードウエアの脆弱性関連情報を国内で迅速かつ安全に流通させるため、経済産業省が「ソフトウエア等脆弱性関連情報取扱基準」を公示する予定となっており、これを受けたもの。IPAとJPCERT/CCは、 「受付機関」および「調整機関」を担当する。

(Security NEXT - 2004/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
ニュースメール誤送信で会員のメアド流出 - 日本診療放射線技師連盟
誤送信で講習会申込者のメアド流出 - 兵庫県作業療法士会
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
偽金融取引ソフトに注意 - macOSもターゲットに
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に