Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性関連情報取り扱い説明会を開催

情報処理推進機構(IPA)とJPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC) は、脆弱性関連情報の取り扱いに関する説明会を各地で開催する。

説明会の対象は、インターネット関連技術を用いた製品を開発、販売している企業の品質保証/管理責任者。開催日、開催場所はリリースを参照のこと。

ソフトウエアやハードウエアの脆弱性関連情報を国内で迅速かつ安全に流通させるため、経済産業省が「ソフトウエア等脆弱性関連情報取扱基準」を公示する予定となっており、これを受けたもの。IPAとJPCERT/CCは、 「受付機関」および「調整機関」を担当する。

(Security NEXT - 2004/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

野球場予約システムが休止、不正ログイン試行で - 川崎市
VMwareのmacOS向け製品に権限昇格の脆弱性
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
経済産業省、個人情報漏洩でベネッセに報告徴収の要請
「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表