Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性関連情報取り扱い説明会を開催

情報処理推進機構(IPA)とJPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC) は、脆弱性関連情報の取り扱いに関する説明会を各地で開催する。

説明会の対象は、インターネット関連技術を用いた製品を開発、販売している企業の品質保証/管理責任者。開催日、開催場所はリリースを参照のこと。

ソフトウエアやハードウエアの脆弱性関連情報を国内で迅速かつ安全に流通させるため、経済産業省が「ソフトウエア等脆弱性関連情報取扱基準」を公示する予定となっており、これを受けたもの。IPAとJPCERT/CCは、 「受付機関」および「調整機関」を担当する。

(Security NEXT - 2004/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド