Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「民間事業者の個人情報取扱に不安を感じたことがある」87.7% - 大阪市調査

大阪市は、個人情報に関するアンケートを実施した。「個人情報を意識することがある」との回答は91.5%で、個人情報に対する関心の高さが浮き彫りとなった。

今回の調査は、同市が市政モニターに対して実施したもの。「個人情報の取扱いへの不安を感じたことがある」と答えた回答者は、行政機関で69.0%、民間事業者で87.7%。昨今の情報漏洩事件を背景に非常に高い割合を示した。いずれも「目的外利用」や「他社への情報漏洩」が不安材料となっている。

個人情報を意識する時は、「覚えのないダイレクトメールや、電話勧誘を受けたとき(97.7%)」「アンケートに応じる、懸賞に応募するなど、自身が「個人情報」を記入し送付するとき(70.3%)」に意識されることが多い。

また、「新聞等で「個人情報」の漏えいや流出事件を知ったとき」は66.3%。さらに「インターネットを利用しているとき」は47.1%で、直接自分の情報と関係ない場合においても半数が個人情報を意識している。

(Security NEXT - 2004/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート