Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「民間事業者の個人情報取扱に不安を感じたことがある」87.7% - 大阪市調査

大阪市は、個人情報に関するアンケートを実施した。「個人情報を意識することがある」との回答は91.5%で、個人情報に対する関心の高さが浮き彫りとなった。

今回の調査は、同市が市政モニターに対して実施したもの。「個人情報の取扱いへの不安を感じたことがある」と答えた回答者は、行政機関で69.0%、民間事業者で87.7%。昨今の情報漏洩事件を背景に非常に高い割合を示した。いずれも「目的外利用」や「他社への情報漏洩」が不安材料となっている。

個人情報を意識する時は、「覚えのないダイレクトメールや、電話勧誘を受けたとき(97.7%)」「アンケートに応じる、懸賞に応募するなど、自身が「個人情報」を記入し送付するとき(70.3%)」に意識されることが多い。

また、「新聞等で「個人情報」の漏えいや流出事件を知ったとき」は66.3%。さらに「インターネットを利用しているとき」は47.1%で、直接自分の情報と関係ない場合においても半数が個人情報を意識している。

(Security NEXT - 2004/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず