Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

滋賀のプロバイダ、操作ミスで氏名、メールアドレスを漏洩

滋賀県のインターネットプロバイダ「U-net甲賀」は、加入者の氏名およびメールアドレス500名分を誤って流出していたことが明らかとなった。

新聞各社の報道によれば、2004年2月に加入者に対する案内メールを発信する際、担当者の操作ミスにより、加入者を特定できる形で送信してしまったという。送信後に苦情が寄せられ、流出が判明、現在、希望者にアドレスを無料で変更するサービスを提供するとしている。

(Security NEXT - 2004/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル