Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

滋賀のプロバイダ、操作ミスで氏名、メールアドレスを漏洩

滋賀県のインターネットプロバイダ「U-net甲賀」は、加入者の氏名およびメールアドレス500名分を誤って流出していたことが明らかとなった。

新聞各社の報道によれば、2004年2月に加入者に対する案内メールを発信する際、担当者の操作ミスにより、加入者を特定できる形で送信してしまったという。送信後に苦情が寄せられ、流出が判明、現在、希望者にアドレスを無料で変更するサービスを提供するとしている。

(Security NEXT - 2004/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調