Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー

スカパーJSATは、氏名と住所が一致しない状態のダイレクトメール約1万件を発送していたことを公表した。

同社によれば、過去に特定チャンネルを利用した顧客向けに新番組を紹介するダイレクトメール9985件を10月31日に発送したが、宛名の氏名と住所が異なる状態だったという。

ダイレクトメールの送付対象者のリストを作成した際の作業ミスが原因で氏名と住所が一致しない状態が発生した。ダイレクトメールに、宛名以外の個人情報は含まれていないとしている。

11月2日にダイレクトメールを受け取った顧客からの連絡で、誤送付が判明。同社では、対象となる顧客に対し、書面で謝罪する方針。

(Security NEXT - 2018/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県