Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー

スカパーJSATは、氏名と住所が一致しない状態のダイレクトメール約1万件を発送していたことを公表した。

同社によれば、過去に特定チャンネルを利用した顧客向けに新番組を紹介するダイレクトメール9985件を10月31日に発送したが、宛名の氏名と住所が異なる状態だったという。

ダイレクトメールの送付対象者のリストを作成した際の作業ミスが原因で氏名と住所が一致しない状態が発生した。ダイレクトメールに、宛名以外の個人情報は含まれていないとしている。

11月2日にダイレクトメールを受け取った顧客からの連絡で、誤送付が判明。同社では、対象となる顧客に対し、書面で謝罪する方針。

(Security NEXT - 2018/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
里親措置児童や里親の個人情報含む文書を誤送付 - 新潟県
税額決定通知書を異なる事業所へ誤送付 - 西宮市
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
卒業証明書を封入ミスで誤送付 - 中京大