Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に

「Windows」や「macOS」で動作するBlueStack Systems製のAndroidエミュレータ「BlueStacks App Player」において、デバッグ用ツールである「Android Debug Bridge(ADB)」がネットワーク上に公開され、バックドアとして悪用されるおそれがあることがわかった。

20181026_bs_001.jpg
脆弱性の概要(表:BlueStack Systems)

同ソフトウェアにおいて、認証不備の脆弱性「CVE-2018-0701」が判明したもの。脆弱性を報告した情報通信研究機構(NICT)によれば、同エミュレータを導入した環境では、「Windows」のファイアウォールを有効化していても、ソフトを起動するとTCP 5555番ポートが外部よりアクセス可能になるという。

グローバルIPアドレスが割り当てられた端末では、インターネット経由で同エミュレータに接続され、コマンドの実行、エミュレータ内からのデータ流出、悪意あるアプリの実行などが行われるおそれがある。

BlueStack Systemsは、同脆弱性の重要度について「高(High)」とレーティング。同製品のWindows版のアップデートをリリースするとともに、緩和策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2018/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も