Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験

2017年に何らかの対応費用がともなう「サイバー攻撃」や「内部犯行」を経験した企業が、43.9%にのぼるとの調査結果を損害保険ジャパン日本興亜、SOMPOリスケアマネジメント、トレンドマイクロが発表した。

4月にインターネットでアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。民間企業の情報システムやセキュリティに関する意思決定者、意思決定関与者1745人が回答した。

同調査では、「標的型攻撃」や「ビジネスメール詐欺(BEC)」「ランサムウェア」などで金銭的な被害が生じたケースを「サイバー攻撃」、従業員や委託先従業員によって情報漏洩やシステム障害が発生し、金銭的な被害が生じたケースを「内部犯行」とし、あわせたものを「セキュリティインシデント」と定義している。

同調査では、回答者全体の43.9%にあたる766人が、2017年に何かしらの「セキュリティインシデント」を経験したと回答。被害金額がもっとも大きかった「セキュリティインシデント」を尋ねたところ、549人が「サイバー攻撃」、217人が「内部犯行」と答えた。

(Security NEXT - 2018/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も