Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験

営業継続や社告、コールセンターの開設にともなう費用や損害賠償金などを「対外的コスト」とし、システムやデータの復旧、調査費用、再発防止策の策定や導入で生じた費用、逸失利益などを「対内的コスト」とした場合、全体では「対外的コスト」が50.3%、「対内的コスト」が49.7%だった。

「サイバー攻撃」に絞ると「対外的コスト」が51.9%やや多い。項目ごとにみると「営業継続費用」が全体の20.9%を占めて最多。「システム復旧費用」が13.6%、「データ復旧費用」が11.7%で続く。

一方「内部犯行」では「対外的コスト」が46.1%とやや少なく、「対内的コスト」の割合が高い。「データ復旧費用」がもっとも割合が大きく13.9%。「営業継続費用(11.8%)」「お詫び品、金券調達、送付費用(10.0%)」「システム復旧費用(9.7%)」が続いた。

20180830_tm_001.jpg

(Security NEXT - 2018/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック