Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市

福岡県古賀市は、5月11日に発送した特定健康診査受診券の一部において、裏面に本人とは関係ない個人情報が記載されていたことを明らかにした。

同市によれば、9395人へ送付した特定健康診査受診券のうち31人分において、裏面に本人とは関係ない氏名や生年月日、年齢、性別などが記載されていたもの。そのうち過去に受診歴がある10人分に関しては、直近の検査結果も含まれるという。

5月14日に受診券を受け取った4人から指摘があり、同市で調査を開始、問題が明らかとなった。前後にずれて印刷されたもので、プリンタの動作に問題があったものと見られる。

翌15日、問題の受診券を送付した人数が31人と判明したため、同市では対象者を訪問して謝罪。誤記載のある受診券を回収した。

(Security NEXT - 2018/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
申込用に公開した表計算ファイルに個人情報 - 都立豊島病院
同門会向けメール2件で誤送信が発生 - 敦賀市立看護大
委託事業者が受給者証交付者リストを別の医療機関に誤送付 - 大阪市
アンケートメールを誤送信、氏名やメアド流出 - 鉾田市
最高裁でメール誤送信、修習資金被貸与者の個人情報が流出
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 都立中央・城北職業能力開発センター
労務管理サービスの個人情報流出 - 調査結果を公表
メール誤送信で講習会参加予定者のメアド流出 - 江戸川区
顧客情報を別の口座振替収納企業へ誤送付 - 西京信金