Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、深刻度「緊急」の定例外セキュリティパッチを公開 - ワーム悪用のおそれも

マイクロソフトは、24日に定例外のセキュリティ更新プログラム「MS08-067」を急遽公開した。WindowsのServerサービスにおける非公開の脆弱性を解消するもので、最大の深刻度は「緊急」。

問題の脆弱性は、Serverサービスに関するもので、細工したRPCリクエストを利用することで、外部から任意のコードを実行されるおそれがあるという。

影響を受けるのは、「Windows 2000」や「Windows XP」「Windows Server 2003」で、いずれも深刻度は「緊急」。また「Windows Vista」や「Windows Server 2008」についても「重要」に設定されている。

同社によれば、今回見つかった脆弱性がワームなどへ悪用されるおそれがあるという。同社では、セキュリティ更新プログラムの提供に加え、脆弱性の危険緩和策としてファイアウォールで利用しないポート以外を閉じるなど対策を推奨している。

マイクロソフトセキュリティ情報「MS08-067」
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-067.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応