Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

147万件の自動車重量税納付書を誤廃棄 - 関東運輸局

国土交通省関東運輸局は、2003年から2004年までの自動車重量税納付書を誤って廃棄したと発表した。

同局が自動車の登録や検査関連の書類について検査を実施したところ、東京運輸支局の練馬や多摩、八王子の自動車検査登録事務所において、自動車重量税納付書147万1247件の誤廃棄が判明したもの。もっとも誤廃棄多かったのは多摩自動車検査登録事務所で、795日分99万5023件を誤廃棄していた。

同書類は、5年間の保存期間が設けられており、いずれも満了前だったが、期限が経過した書類とともに誤って処理してしまったという。納付確認作業は完了しており、溶解処理を行っているため個人情報の流出もないと同局では説明している。

(Security NEXT - 2008/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市
保守委託先で顧客情報含むHDDが所在不明 - はばたき信組
ジョギング大会の参加者名簿が所在不明に - 綾川町
指導要録の紛失判明、過去に緊急点検するも見落とし - 杉並区
重度心身障害者の助成金請求書類を紛失、支給に影響なし - さいたま市