Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル

アークンは、未登録の通信機器によるインターネットアクセスをブロックする不正接続検知サーバ「AAM-2000」を、3月5日より提供開始する。

同製品は、未登録の通信機器によるインターネットアクセスを検知してブロックするアプライアンス製品。管理者にメールで通知できるほか、社内ネットワークに設置された通信機器のMACアドレスとIPアドレスを検出できる。

また、全モデルにクライアントPCの操作ログが一元管理できるソフト「PasoLog」をプリインストール。ファイルの操作履歴やサイト閲覧履歴などをリアルタイムでサーバへ送信するほか、USBメモリやスマートフォンなどの接続制御やソフトの利用制限なども可能。個人情報を含むファイルの検索などにも対応する。

そのほか、マルウェア対策ソフト「EX AntiMalware」をバンドルしたモデルも用意した。価格は、15クライアント、5年で107万7840円から。

(Security NEXT - 2018/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC