Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも

シマンテックは、同社エンドポイント向け製品「Symantec Endpoint Protection(SEP)」の新バージョンを提供開始した。ディセプション機能の追加した。

同製品は、複数のセキュリティ対策エンジンを搭載したエンドポイント向け製品。新版となる「同14.1」では、ディセプション機能を追加。エンドポイントにおとりとなる「ディセプタ」を配置し、あえて攻撃者にフェイクのレジストリなどを変更させることで攻撃者の振る舞いを分析できるという。

また主要なアプリに対して、レピュテーションや脆弱性の状況を踏まえてアプリを制御するハーデニング機能を用意。帯域が狭い通信環境で利用するPOS端末などを対象とした「低帯域モード」もあらたに用意した。

さらに「iOS」や「Android」などスマートデバイス向けに「SEP Mobile」を提供。同社が買収した「Skycure」の技術を活用したもので、不正アプリや危険性があるアクセスポイントへのアクセスを検出できるほか、脆弱性なども把握できる。

20171107_sy_002.jpg
ディセプション機能のフロー(図:シマンテック)

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織のセキュリティ対応方針を支援するサービス - サイバーリーズン
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現