Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャストシステムの「楽々はがき」に脆弱性 - 一太郎にも影響

ジャストシステムの「楽々はがき」にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

「楽々はがき」および「楽々はがきセレクトfor一太郎」にメモリ破壊の脆弱性「CVE-2017-10870」が含まれていることが判明したもの。「楽々はがき」のほか、「一太郎2017」をはじめ、「一太郎シリーズ」にも影響がある。

細工されたファイルを開くと任意のコードを実行されるおそれがある。10月24日の時点で脆弱性を悪用する攻撃は確認されていない。

同脆弱性はFortinetのTien Phung Phan氏が発見し、ジャストシステムへ報告した。同社では脆弱性を修正するためのアップデートモジュールをリリース。身に覚えのないファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正