Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委、コミッショナー国際会議の正式メンバーに

個人情報保護委員会が、データ保護プライバシー・コミッショナー国際会議(ICDPPC)において正式メンバーとして承認された。

同会議は、1979年よりデータ保護機関による国際会議として開始。世界のデータ保護機関や事業者、研究者などが参加し、国際的な個人データ保護の促進について、議論や情報交換を行っている。

同委員会では2014年以降、オブザーバーとして同会議に参加。今回、改正個人情報保護法の施行により独立機関になったことを受け、日本のデータ保護機関として正式メンバーに承認された。

同会議には、同委員会を含め、世界78の国と地域より120機関が参加している。

(Security NEXT - 2017/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
破産者情報掲載サイトに停止を勧告 - 個情委
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
個情委、個人データ入り「USBメモリ」の管理で注意喚起
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
「個人情報を考える週間」、2022年は5月30日から
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
デジタルマーケ担当者、半数強が改正個情法の詳細知らず
広域での安全な個人データ越境移転を目指して「Global CBPRフォーラム」設立