Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

20年の保存期間が残存する倉庫関連登録書類を誤廃棄 - 国交省

国土交通省は、保存中だった一部「倉庫施設等変更登録書類」を誤廃棄したことを明らかにした。

同省によれば、関東運輸局交通政策部において保存期間の満了を迎えていない倉庫施設等変更登録書類を廃棄していたことが、3月17日に判明したもの。

誤って廃棄したのは、2007年度の倉庫施設等変更登録書類237冊で、規定されている保存期間は30年だという。産廃事業者による廃棄処理が行われており、書類に記載された情報が外部に流出する可能性はないとしている。

(Security NEXT - 2017/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市
保守委託先で顧客情報含むHDDが所在不明 - はばたき信組
ジョギング大会の参加者名簿が所在不明に - 綾川町
指導要録の紛失判明、過去に緊急点検するも見落とし - 杉並区
重度心身障害者の助成金請求書類を紛失、支給に影響なし - さいたま市