Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し

2016年は、ランサムウェアによる攻撃が前年の167倍に拡大したとする調査結果を米SonicWALLが取りまとめた。

同社が、200以上の国と地域に設置した100万超のセキュリティセンサーから収集したデータをもとに、2016年の脅威動向について取りまとめたもの。

2016年に収集したユニークなマルウェアは6000万件で、2015年の6400万件から6.2%減。マルウェアによる攻撃の試行回数は78億7000万回で、前年の81億9000万回を下回った。

一方、同年に観測されたランサムウェアによる攻撃は6億3800万件で、380万件だった前年の167倍へと急増。年間を通じて増加傾向だったが、特に目立った動きが見られたのが3月で、28万2000件から3000万件へと一気に拡大したという。同社では、増加の背景に「Ransomware as a Service(RaaS)」があると分析している。

ランサムウェアの被害を受けた産業を見ると、「機械、産業用エンジニアリング業界」が15%で最多。「薬剤」「金融サービス」が各13%、「不動産業界」が12%だった。業界による大きな偏りは見られなかった。

(Security NEXT - 2017/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避