Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「AI開発ガイドライン」の論点で意見募集 - セキュリティやプライバシー、透明性確保など

総務省の情報通信政策研究所は、「AI開発ガイドライン」の策定に向け、論点に関する意見を募集している。

同省では、10月より「AIネットワーク社会推進会議」にて「AI開発ガイドライン」の策定に向け、国際的な議論にも利用する素案の作成を進めており、整理した論点についてパブリックコメントを実施するもの。

同案では、ガイドラインにおける基本概念の定義や目的、適用範囲のほか、開発原則や実効性の担保などを論点として挙げている。

AIネットワークシステムにおける開発原則では、「セキュリティ確保の原則」として、「機密性」や「完全性」「可用性」にくわえ、「頑健性」や「信頼性」などの必要性について言及。

また「安全保護の原則」「プライバシー保護の原則」「倫理の原則」「利用者支援の原則」のほか、「透明性の原則」「アカウンタビリティの原則」「制御可能性の原則」なども含まれる。

意見は、郵送、ファックス、メール、電子政府の総合窓口である「e-Gov」にて受け付ける。締め切りは1月31日17時。郵送の場合は同日必着となる。

同会議では、寄せられた意見をもとに議論を進め、2017年夏ごろを目途に報告書を取りまとめる予定。

(Security NEXT - 2016/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起
富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響