Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム対策プロジェクトが拡大中 - あらたに4社が復号ツール

警察機関とセキュリティ企業が連携してランサムウェア対策を推進するプロジェクト「No More Ransom」に、30を超えるあらたな組織が参加した。

20161216_nr_001.jpg
No More Ransomのウェブサイト

同プロジェクトは、捜査機関とセキュリティ企業が連携してランサムウェアに対抗するもので、欧州刑事警察機構(ユーロポール)、オランダ警察、Intel Security、Kaspersky Labが7月に立ち上げた。

今回あらたにオーストリア、クロアチア、デンマーク、フィンランド、マルタ、ルーマニア、シンガポール、スロベニアの警察機関がプロジェクトにくわわり、あわせて22カ国の警察機関が参加している。

同プロジェクトのウェブサイトでは、ランサムウェアに関する情報提供や、被害者への復号ツールの提供を行っているが、今回Bitdefender、Emsisoft、Check Point Software Technologies、Trend Microの4社が「アソシエートパートナー」として参加、あらたに復号ツールの提供を開始した。

また、同プロジェクトの取り組みを広める「サポートパートナー」として、セキュリティベンダーや各国のCERTなど21組織が新規参加。ウェブサイトもこれまでの英語にくわえオランダ語、ロシア語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語に対応。今後もあらたな言語をサポートするとしている。

同プロジェクトを通じ、12月16日の時点で提供されている復号化ツールは以下のとおり。

WildFire Decryptor
Chimera Decryptor
Teslacrypt Decryptor
Shade Decryptor
CoinVault Decryptor
Rannoh Decryptor (updated 03-10-2016)
Rakhni Decryptor (updated 14-11-2016)
Jigsaw Decryptor
Trend Micro Ransomware File Decryptor
Emsisoft NMoreira Decryptor
Emsisoft Ozozalocker Decryptor
Emsisoft Globe Decryptor
Emsisoft Globe2 Decryptor
Emsisoft FenixLocker Decryptor
Emsisoft Philadelphia Decryptor
Emsisoft Stampado Decryptor
Emsisoft Xorist Decryptor
Emsisoft Nemucod Decryptor
Emsisoft Gomasom Decryptor
Linux.Encoder Decryptor

(Security NEXT - 2016/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
朝日インテックでシステム障害 - ランサム感染被害で
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府