Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人の意志に反する個人情報の利用停止求める - 内閣府

内閣府は、国や地方公共団体、個人情報取扱事業者の個人情報保護の方向性を示す「個人情報の保護に関する基本方針」について、国民生活審議会の意見をもとに改正案を取りまとめ、パブリックコメントを開始した。意見募集の締め切りは2月18日で、3月を目処に閣議決定する予定。

今回の改正案では、問題が指摘されている過剰反応への広報活動や、国際的な取り組みについて言及した。さらにプライバシーポリシーへ、本人希望に応じて保有個人データの自主的な利用停止や、委託処理の透明化、顧客の種類ごとに利用目的を限定や利用内容の明確化、取得元や取得経緯などの明記などを求める。

また一般的に閲覧可能な市販名簿など、権利侵害の可能性が低いとして、裁断処理など高じなくても良いとの内容を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2008/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会