Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、疑似攻撃による評価サービス - IoT機器などにも対応

ファイア・アイは、組織のセキュリティ状況を評価する2種類のサービス「Mandiantレッドチーム・サービス」と「Mandiantペネトレーション・テスト」を提供する。

同社が2014年に買収したMandiantのサービス2種を投入するもの。「同レッドチーム・サービス」では、機密情報に対するサイバー攻撃を疑似的に行うことで、企業のセキュリティ体制を調査。対応プロセスについてアドバイスを行う。

また「同ペネトレーション・テスト」は、産業制御システムやIoTデバイス、モバイルデバイス、ウェブアプリケーションなど特定の技術やシステムを評価するサービス。攻撃グループが脆弱性を悪用して攻撃を行う際の手法を用いて侵入テストを行う。

(Security NEXT - 2016/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL