Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Druva、日本で本格展開を開始 - 監査証跡も残すデータ管理ソリューション

 米Druvaは、日本法人を設立し、パブリッククラウドを利用したデータ管理ソリューションの国内向け展開を本格化させる。

同社は、これまでも代理店を通じて国内向けにサービスを展開してきたが、日本法人をあらたに設立。サービス展開を強化する。

同社サービスは、「アマゾンウェブサービス(AWS)」や「Microsoft Azure」を利用したデータの管理ソリューション。データを集約し、バックアップや改ざん不可能な監査証跡を確保。データの検索のほか、ユーザや管理者のデータ操作を時系列に閲覧できるという。

ラインナップとしては、エンドポイント向けソリューション「inSync」とサーバ向けソリューション「Phoenix」を用意。「inSync」では、「Windows」「Mac OS X」「Linux」「Android」「iOS」のデータに対応。日本市場への投入にあわせ、日本において利用が多い「Office 365」「Google Apps」「Box」におけるデータ保護にオプションで対応した。

また「Phoenix」では、物理環境と仮想環境のサーバをバックアップ、アーカイブすることが可能。今回追加したディザスタリカバリ機能により、継続的にVMware環境をバックアップし、災害発生時はAWS EC2 AMIに自動変換し、復旧できるという。

(Security NEXT - 2016/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
「Emotet」を追い詰めた「Ladybird作戦」 - 攻撃者がバックアップ保有の可能性も
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
Veritas製バックアップ製品に脆弱性 - 他社類似脆弱性にも注意
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を