Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JALで一時システム障害 - 遅延や欠航など影響

日本航空は、4月1日7時半過ぎにシステムで一時障害が発生し、欠航や遅延など一部影響が出た。同社では、原因について調べているという。

同社によれば、不具合が発生したのは、搭載計画や重量重心計算などを行う重量管理システム。9時半過ぎに復旧したが、欠航や遅延など運航に一部影響が出た。現在、障害の詳しい原因を調べている。

同社では謝罪するとともに、利用者へ運行状況を事前に確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
サイバー攻撃によるシステム障害が発生 - ニシオHD
サイバー攻撃受け障害、従業員情報流出の可能性 - パルグループHD
さらなる情報を流出させたと攻撃者が主張 - KADOKAWAが調査
先週注目された記事(2024年6月23日〜2024年6月29日)
KADOKAWA、復旧状況などを公表 - 経理機能は7月初旬
取引先や従業員に関する一部情報の流出を確認 - KADOKAWA
データが暗号化被害、業務継続や復旧に向けて情報を収集 - 駒井ハルテック
サイバー攻撃が原因と見られるシステム障害 - 駒井ハルテック
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA