Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

APNICの逆引きネームサーバで一時障害 - すでに復旧

APNICの逆引きネームサーバで一時障害が発生し、DNSSEC署名の検証ができない状態だった。すでに復旧しているという。

日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)によれば、日本時間3月15日8時過ぎより翌16日1時半過ぎにかけて障害が発生したもの。

APNICが管理する逆引きゾーンでDNSSEC署名の検証に失敗する状態だったという。今回の障害は、すでに障害は解消している。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
医療費助成受給者の個人情報含むファイルを他自治体へ誤送信 - 浦添市
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
セブンイレブンのマルチコピー機で一時障害 - 行政サービスに影響
渋谷区公式サイトで閲覧障害 - ネット活動家による犯行声明も
フォームで他者情報が閲覧可能に、設定流用で繰り返し発生 - 早稲田大
自治体へ送付する過程で障害者手帳などが所在不明に - 東京都
日野市立図書館、一部機器でランサム感染 - 通常どおり開館