Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治体向けにメールの無害化転送サービス - リンクや添付ファイルを除去

サイバーソリューションズは、メール経由で脅威が侵入することを低減する自治体向けサービス「メール無害化転送機能」を2016年2月末より提供する。

同サービスは、受信したメールにおいてサイバー攻撃で利用されることのあるリンクや添付ファイルを除去し、総合行政ネットワーク(LGWAN)のメールサーバに転送するもの。

具体的には、インターネット経由で受信したメールに対し、HTMLメールに対しては本文からテキスト情報を抽出、リンク情報を破棄する。

また添付ファイルからテキストを抽出、本文内に展開した上で添付ファイルを削除する。オリジナルのメールはインターネットのメールサーバに保存されており、必要に応じて確認できる。

100アカウント利用時の価格は102万6000円から。運用にあたっては別途年間保守費用が必要となる。同社では、2017年7月までに100団体での導入を目指している。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも