Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治体向けにメールの無害化転送サービス - リンクや添付ファイルを除去

サイバーソリューションズは、メール経由で脅威が侵入することを低減する自治体向けサービス「メール無害化転送機能」を2016年2月末より提供する。

同サービスは、受信したメールにおいてサイバー攻撃で利用されることのあるリンクや添付ファイルを除去し、総合行政ネットワーク(LGWAN)のメールサーバに転送するもの。

具体的には、インターネット経由で受信したメールに対し、HTMLメールに対しては本文からテキスト情報を抽出、リンク情報を破棄する。

また添付ファイルからテキストを抽出、本文内に展開した上で添付ファイルを削除する。オリジナルのメールはインターネットのメールサーバに保存されており、必要に応じて確認できる。

100アカウント利用時の価格は102万6000円から。運用にあたっては別途年間保守費用が必要となる。同社では、2017年7月までに100団体での導入を目指している。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
1年間不使用のメールアカウントに不正アクセス - 人道支援団体
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
メール誤送信、情報共有せず他課で再発 - 那覇市
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム